イタチの捕獲について

はちの大群

イタチの捕獲に関する変遷を見てみる

家では、安心してくつろぐ事ができる人も多いですが、一たび害獣などが家の隙間から侵入してしまうと、落ち着いて生活する事ができなくなる危険性もあります。特に、イタチについては、雑食性でもある事から、畑の作物を荒らし、ペットを襲う可能性などもありますので、捕獲作業が必要になります。 イタチの捕獲に関する変遷としては、農村部においては、古くから畑を荒らす害獣として駆除されていた歴史があります。ワナを仕掛けたり、場合によっては猟銃で駆除するなども行われてきました。特に、ねずみ駆除のためにイタチが利用されて以降については、その生息数が爆発的に増えていったともいわれています。人間が害獣駆除に利用した生き物が、後に捕獲される様になるのは皮肉な現実でもありますが、最近では都心部でも被害が確認されるに至っています。

イタチについては、人間が害獣駆除として利用してきた経緯もあり、その数が増えてしまった背景をもっています。雑食性でもあり、果実や農作物を荒らしてエサとしたり、小動物を襲う危険性などもありますので、発見した場合には捕獲する必要性もあります。特に農作物を育てている地域については、イタチ被害が広がる可能性もあり、捕獲作業が必要になります。地域によっては、森林伐採作業などを推し進める地域が今後増える可能性もあり、それに伴って、イタチ被害が増えていく事なども考えられます。被害を最小限に食い止めるためには、イタチの捕獲作業が欠かせなくなっていくと予想されます。 一般の人が作業を確実に実施するのが難しい場合には、害獣駆除専門業者に依頼するケースなども増えていくと考えられます。