蜂の巣の駆除

蜂

蜂の巣を退治する方法

蜂を退治する方法も様々あります。しかし、退治方法をいくら知っていたとしても、蜂の習性を理解していないと、蜂の巣を退治してもまたどこかに蜂の巣を作ってしまいます。ですから、蜂の巣を作らせないためにも、蜂の習性を知っておくことは重要なのです。まずは蜂の行動、活動時間についてですが、気温が上がる時期、春からでありまして、4月から9月終わりであると思います。この時期に蜂の巣を作られないように、しっかりとした対策をとることであります。家の隙間に板を貼ったり、軒下は小まめに監視しておくとか、自身でもできる対策はかなりあります。また、蜂の1日の行動時間は、朝から夕方と言われています。この時間帯に鉢が飛んでいれば気をつけてください。

巣を作られない対策とは

蜂は朝から夕方まで蜂の巣を離れ、外を飛び回っています。夕方には蜂の巣に戻り、羽を休めて、明日にそなれ、休んでいます。蜂の巣を退治するならこの時間帯であり、一度に、退治できるものであります。昼間退治することは、蜂たちが活発化している時でありますので、襲われる可能性が非常に高くなります。蜂も住みかを守ることに必死となりますので、針で刺されたりするのも仕方がないことといえば、そうなります。蜂の巣を発見した時は、昼間に退治するのではなく、夕方以降に行えば、襲われる可能性も低くなりますし、一度に、大量の鉢を退治することができるのです。無理な行動はやめて、蜂たちが休んでいる時間帯に駆除するようにしましょう。